contact

お気軽にご連絡下さい!

line

SERVICE AREA

サービスエリア

福岡市を中心に日本全国対応いたします。直接お会いしての面談が必要な場合、福岡市外の場合、別途出張費を頂く場合がございます。
遠方のお客様には、基本的にメールや、お電話中心で対応させて頂いております。

line ブログ

GRAPHICIMAGE

グラフィックデザインとは

印刷媒体による様々な視覚表現を意味する言葉ですが、現在はコンピュータ映像技術や、
DTP、ネットワークインフラの整備などにより、本来の意味を越えたあたらしい分野として
グラフィックデザインは見直されてきています。

より良いデザインとは

良いデザインとは、と考えたとき見た目が美しい、かわいい、色が綺麗など、様々な
意見があると思います。確かに美しくセンスの良いデザインは好まれます。
しかし、本来の目的である、情報を伝えるという点が第一にクリアーにされる必要があります。
街で見かける様々な印刷物を見て下さい。何を伝えたいのか知りたい情報が一目で分からない、
手に取る気にもならない、そういった印刷物は思ったよりも多いのではないでしょうか。
私もグラフィックデザインをはじめた頃はよりセンスの良いデザインを、かっこいいフォント選びや、
組版の些細な所にこだわりすぎ、肝心な所に目がいってなかった経験があります。
手に取る広告、離れてみる広告、屋外広告、駅で見る広告、パッケージ、冊子、タペストリーなど
見る人(ユーザー)の視点や状況は様々です。その状況に見合ったカラーリング、レイアウト、
フォント選択が大切です。また、何のためにという目的意識も重要です。目的も分からずに
デザインをする事で、ただ見た目だけを繕ったデザインになる事が往々にしてあるからです。
イベントの広告でも、沢山の人に知って欲しい場合と、一部のコアな人たちだけに知らせたい場合は、
別のアプローチが必要です。
これらは、目的・ターゲットを定め、よく考えた上でコンセプト決定しをプランニングする。
そういったコンセプトワークがまず最初に重要になってきます。
仕事の大小に関わらず、目的・ターゲット・コンセプトをお客様に確認し、共に考えながら
デザインを創る事を基礎として、その上で、さらにセンスのよいデザインをめざします。

アド・クリップでは、グラフィックデザイン(DTP)に関する主な事業として、
パンフレット、カタログ、リーフレット、チラシ、ポスター、包装紙、パッケージ、
POP、サイン、各種広告、イラストレーション、CI・VI、キャラクターデザイン等
また、その他グラフィックに関わるあらゆる分野についてもご相談ください。

ページトップへもどる