良い企画やアイデアの作り方

良い企画やアイデアを作る方法を紹介。

毎日仕事をしていると、企画書制作や、プレゼン等のためアイデアをまとめる作業など、悩まされることは多いと思います。今回は、画期的な企画制作方法!と、までは行きませんが、一般的なまとめ方の基本を記事にしたいと思います。

 

企画書を作るうえでのポイント

  • 依頼者の考えをくみ取り、企画に反映させる。
  • 目的がはっきり提示されている。
  • 目標達成のための基本となる考え方(コンセプト)がある。
  • 顧客のニーズや前提条件を確認する(ターゲット)。

 

企画は、顧客からのオリエンテーションとヒアリング(聞き取り)があり、その後も企画を遂行するため内部スタッフとのミーティングなど、 関係する人たちとのコミュニケーションが重要です。 何をどうするのか、関係者全員が統一した考えを持つことで、 意見のすれ違いや、ミスが未然に防がれ、より高い目標に到達できるのです。

 

最も重要なコンセプトシート

企画書にとどまらず、私達の作るクリエイターのモノづくりにも当てはまるコンセプトシート。これだけまとめれば、そのまま企画書の形になるようなものです。
基本的な情報を収集・整理するため、ひな形を作ります。これをコンセプトシートと言います。

①.「テ ー マ」※企画のタイトル。

自分が今から何を作るのか、何をしようとしているのか
解りやすくシンプルに表す。

②.「目 的 」※何のために必要なのかを考える。

アイデアを考える前に、作るものの前提と状況を理解する。
また、解りやすくシンプルに表す。

③.「コ ン セ プ ト 」※どんな考え方の、どんなアイデアなのか?

おすすめポイント。目的を達成出来る基本的な考え方、アイデアの柱を
解りやすく簡潔に表す。

④.「タ ー ゲ ッ ト 」※以上の事をふまえて、コアターゲットを決定していく。

ターゲットを定める事でデザイン、アイデアの具体的な方向性も定まる。

⑤.「具体的な内容」※①~④項目をふまえて、具体的な事を決定していく。

1~4までの項目によって、統一感のある企画とアイデアが生まれる。
上記の内容を、紙でもテキストエディターでも言いので、項目を埋めていく形でまとめれば、企画の骨組みをまとめた事になります。
良い企画のポイント

コンセプト:インパクトがあり、テーマがはっきりと解るよう文章をつくります。

アピールポイント(訴求点):明確なアピールポイントが必要です。

流行(トレンド)をつかむ:その時期の流行や消費者の欲求を意識した企画を立てます。

整合性:データ等の情報や、企画内容に矛盾点やズレが発生していないか終始確認します。

コスト意識:期待効果と予算が見合っているか確認します。

ビジュアル感覚:読みやすく、わかりやすく。 イラストや写真、図説など効果的に使います。

■上記の 5 つの項目に当てはめて企画を考えてください。

また、デザインの元となる要素の大半は文字情報であり、その情報をどう解りやすく伝える事が企画書の本来の目的です。

●ロジック(論理)が解る事!

●とにかく思考を単純化!

●見やすく、解りやすく伝える!

 

編集後記

今回は、企画案を考えるにあたって、いつも使っているコンセプトシートをご紹介しようと思って作成しました。実際にシートの①〜⑤の項目を埋めていくことで、企画書を作成しておりましたので、ぜひご使用下さい。また、企画書と言えば、パワーポイントで作成することが前提のようですが、アドビイラストレーターで作成すれば、非常にグラフィカルで、見やすい仕上がりで作成できます。ビジネス文書としてPDFファイルが作成できます。とても便利に使っています。アドビ製品を使用しているならPDFの統合ファイルがおすすめです。

今後も、毎日更新で記事を作成していきますので、明日の記事を楽しみにお待ち下さい。

SNSで記事の更新情報を発信しています。よければ“フォロー”や“いいね”などのリアクションを頂けると励みになります。今後共も宜しくお願いします。

フォロー・ご連絡はこちら→メインTwitterアカウント

フォローお願いします!