DTPとは? 必要なノウハウや業界について

第2回 アド・クリップ デザイン講座

DTPとは?DTPデザイナーについて

グラフィックデザイナーの仕事の中で、重要な技術にDTPオペレーションがあり、
DTPオペレーターとデザイナーの違い、わかりにくい。と感じることもあるかと思います。

今回はグラフィックデザイナーとDTPオペレーターの話です。

DTPについての話

DTPといえば、DTPオペレーターとは別に、専門学校などで、時々DTPデザイナーコースという名前で、授業を行っている学校もあるようです。いまいち明確な答えも見つからない所も多いDTPを行う職種について、実際に僕が思う、現場での認識をお話したいと思います。

まず、【DTP(Desktop Publishing)デスクトップパブリッシング・卓上出版】という言葉は、20年ほど前からちょくちょく聞き始めた言葉だと思います。

歴史的には、アメリカ最大のグラフィックソフトウェアメーカーである、Adobe社で発売されていた、ページ編集のためのソフトウェア、『ページメーカー』からはじまり、『Quark社のQuarkXPress』 『Adobe社のInDesign』へと、グラフィック編集ソフトの系譜があり、このソフトウェアを利用した作業をDTPと読んでいたようです。また、その中でも主にページのレイアウト編集から印刷までの一貫したデジタル作業全般を、現在はDTPと呼ばれるようになったようです。

また、私が経験した事として、一般的に認識されている『DTP』のはじまりは、1990年代のはじめ頃(私も新人デザイナーとして版下作業をせっせとやっていた頃)、現在はiPhoneで有名なアップルの主力商品であるMacintoshが、DTPの始まりを支えていました。アプリケーション(Illustrator・Photoshop)は元より、OS(漢字Talk7)、フォント(書体)の環境にいたるまで、すべてMacintoshだけがDTPの作業環境を作ることができました。そのため、DTPオペレーターの事を、Macオペレーターなどと呼ばれる事もあります。

構成やアイデア、デザイン、DTP作業にいたるまで、グラフィックデザイナー1人の作業負担を増やして行き、それを支えるための業務として、『デザイン』と『DTP』に作業が分化されていったのかと思います。さらに詳しく言えば、デザイナーのレイアウト作業と、版下屋の版下作業(台紙に写植文字を貼ったりする作業)。この版下がデジタル化されるにあたり、版下担当者の一部が、DTPオペレーターとなっていく事になります。

主にDTPの主戦場としては、冊子類があります。数百ページにのぼるカタログなどを、正確に、効率よく、図表、画像、テキストを入力していき、様々な設定をしていく作業は、決まり事も多く、専門スキルが必要となります。

またフレックスタイムを利用している会社も多く、24時間対応のオペレーションを行う事も可能で、大手の印刷会社などは、大人数のチームで24時間フル稼働している所もあります。

それから現在までの、20年ほどの間に、DTPのオペレーション技術レベルは上がってきており、複数のアプリケーションを使用して、確実に印刷物を仕上げていく、とても重要な仕事になっています。

グラフィックデザイナーとDTPオペレーター

グラフィックデザイナーとDTPオペレーターの話にもどりますが、元々『DTPデザイナー』という職種は、私達の現場では使っていなかったと思います。元々、グラフィックデザイナーの仕事領域であったDTPの部分が、分化していったもので、特色として、1人のデザイナーが考え、作っていく【デザイン】の部分と、比較的、複数の人間が行っても問題ない、ルーチンワーク的な業務がDTPオペレーターの業務となっていると思っています。

主に、企画→アイデア→レイアウトなどの感覚的な作業をグラフィックデザイナーが。

画像の配置や文字入力、印刷設定、確定したレイアウトや表組みなどの作業をDTPオペレーターが。

DTPオペレーターは複数でのチームで、大規模な作業を短時間にこなせるが、デザイン的な要素については、基本的に行わない。

こういった棲み分けで成り立っていたのですが、現在では、専門学校などのコース名などから始まった、DTPデザイナーという職種名についても、時間の経過と共に段々と認知されてきており、印刷専門のデザイナー的な立ち位置で考えられる事が多くなっている気がします。

 

様々な種類のモノづくりをする、グラフィックデザイナー業務の多様性が、DTPデザイナーや、その他にも様々な専門デザイナーを生み出し、ちょっと複雑な感じになってしまっているのかもしれませんね。

 

DTPオペレーターの主なスキル

基本アプリケーション:
Adobe Illustrator  文字の組版(文字をバランス良く組んでいく作業)やパスを使った図形のトレース、マップ制作等。
Adobe Photoshop 明るさ・色補正、レタッチ(画像の修正)、適性なカラーモード変換(CMYK)、解像度の変更等。

ページ編集アプリケーション:InDesign
QuarkXPressなどは現在はほぼ使用されなくなっています。

印刷データの作成スキルも重要です。
写真分解(スキャニング)入稿用のデータ作成 ・冊子印刷の場合は、面付け作業なども場合によっては必要となります。

就職や転職について

最後に、グラフィックデザイナーなどのクリエイティブ系の仕事をやってみたい方が、最初に就職する分野としてもDTP業界は有力で、募集をしている企業の数も、募集人数も比較的多く、Illustrator・Photoshop、組版(文字をバランス良く組んでいく作業)の基礎技術がしっかりしていれば、技術的には十分戦力として働くことがす出来ます。

デザイナーの業務の一部でもある、DTP作業の高いスキルをもった人材は、クリエイティブ系への転職にとても有効な人材です。印刷会社DTP業者などで経験を積んでから、クリエイティブ系職種に転職、その後、独立しCGデザイナーやイラストレーターなど、グラフィックデザイナー以外の職種にも多くの人たちが転職しています。

半年〜数年技術を磨いていけば、デザイン業界への転職に対して道が開けますので、デザイン系の学校を卒業した場合の就職先としても、有力な職種といえます。

★今後の記事の中で、DTPの印刷技術に関する内容も書いていきたいと思います。

フォローお願いします!